高校生による舞台芸術公演の劇評(レビュー)を募集

第一回グランプリ 受賞作

優秀賞

魔女となった観客

東京学芸大学附属高等学校 2年 グンナレ 更

 長塚マクベスが上演されるコクーン劇場に足を踏み入れてまず目につくのは、劇場の中心に堂々と居座る六角形の舞台である。客席はその舞台を取り囲むように設置されている。マクベスには血なまぐさい戦闘場面もあるのに、古びた木材で作られたシンプルで小さな舞台だ。二段になっている舞台は、観客と同じ平面に続くところが簀の子になっていて、舞台の隅には水道の蛇口がおもむろに伸びている。観客席にはなにやら緑色のビニール傘が取り付けられている。舞台を取り囲むように、もう既に衣装を着、メイクも済ませた役者が並んでいた。そしてそんな役者達が座席の案内をしていたり、注意事項を案内していたりする光景に、観客は劇場に足を踏み入れたとたん、これは“普通”のマクベスではないぞ、もしかしたらとんでもないマクベスが現れるんじゃないかと期待と不安に押しつぶされそうになる。この舞台は私たちを巻き込もうとしているぞと妙に警戒してしまう。  そして、案の定始まりからこのマクベスは“普通”ではなかった。客電がついたまま、観客席にすわった魔女達がたわいもない会話を始めるのである。そう、私と魔女は同じところからマクベスを眺めているのである。なぜだか私はその時居心地が悪かった。そんな居心地の悪さを残したまま客電は消え、魔女達はマクベスへ例の予言をするのであった。現代的にアレンジされた舞台装置、衣装とは対照的に台詞はシェイクスピアが書いたそのままで物語は進んでいった。

 劇の終盤、私たちは傘を開くように指揮官からいわれ、開くと、客席が緑色に変わった。私たちはバーナムの森になったのである。マクベスを追い込んだバーナムの森はつまり私たちなのであった。私はこのときなぜ劇の序盤に居心地の悪さを感じていたのか分かった。そしてそれはマクベスの最期、マクダフが首を切り落とすと、客席にまるで運動会の大玉のようなマクベスの大きな首が現れ、それを観客が大玉送りするというとても斬新な場面で確信に変わった。私が劇の序盤に居心地が悪かったのは、つまり観客という存在の残虐性を心の片隅にだが意識してしまったからなのである。劇場に足を運んだ私たちは、マクベスの末路などはじめから知っているではないか。それなのに私たちはその光景を観にきたのである。そしてマクベスはこの後私たちによって公開処刑される運命にある事をその時なんとなくではあるが悟り、私は罪悪感を感じたのである。

 マクベスはこれから波瀾万丈に死んでゆく。そして私はそれを観にきたのである。そのためにわざわざ劇場へ足を運んだのだ。マクベスやマクベス夫人が幸せに、何事も無く毎日を過ごしている場面なんてはなから興味はないのである。マクベスが幸せになる道なんてはじめからどこにも用意されていないのである。なぜなら私たちは、マクベスが死んで行くところを観にきたのだから。それも、ただ普通な死では物足りない。登るところまで登って一気に地の底まで落ちて死んでもらいたいのである。どんな演劇にしろ小説にしろ私たちがドラマがあると思うものには、不幸せな人、心に葛藤を抱えた人が必要なのだ。そういう存在がいなければ私たちはたちまち退屈してしまう。そしてそれはつまり魔女と同じなのではないだろうか。魔女達もそんなドラマが観たくてマクベスに予言を残したのではないだろうか。実は魔女とは私たち観客の分身なのではないかと思わされた。

 そしてその時、マクベスを読んだ時に心にひっかかっていた一つの疑問が解決された。17世紀という、魔女狩りの最盛期である時代に書かれた戯曲であるはずの『マクベス』で、どうして魔女は罰を受けることがないのだろうという疑問である。しかし、もしシェイクスピアも観客と魔女を重ね合わせていたのだとしたら、魔女狩りなんてもっての他、ではないか。なぜなら魔女がいなくなってしまったら誰も芝居なんて出来なくなってしまう。観客がいなくなってしまうのだから。観客は神さま、そんな言葉が実はシェイクスピアの時代からあったのかもしれないと思わされた芝居だった。

ページTOPへ