高校生による舞台芸術公演の劇評(レビュー)を募集

高校生劇評グランプリとは

【趣旨】
劇場は古来、他者を知り、自己を知り、社会(=共同体)を知るための学びの場でした。「高校生劇評グランプリ(GP)」は、高校生による舞台芸術公演の劇評(レビュー)を募集します。劇場で公演を楽しむだけでなく、劇評を通して公演を深く味わい、想像力や思考力を伸ばすことを目指します。

【表彰】
最優秀賞1人、優秀賞10人前後。団体賞(優れた成果を収めた高校)

【特典】
●公演ご招待
最優秀賞入賞者は、2018年4月〜8月に協力劇場があらかじめ設定する対象演目の中からチケットをプレゼントいたします(最優秀賞入賞者3作、優秀賞入賞者2作)。
最優秀賞、優秀賞とも、対象の演目及び日程は、入賞者決定後にご案内します。

●扇田昭彦氏の著作贈呈
第1回、第2回の高校生劇評グランプリの選考委員長を務められた扇田昭彦さんのご遺族のご厚意で、入賞者全員に扇田さんの著作『こんな舞台を観てきた: 扇田昭彦の日本現代演劇五十年』(河出書房新社)が贈られます。

●『観劇三昧』ライセンス
PCやスマホで演劇動画がみられる『観劇三昧』のライセンスを、最優秀賞入賞者には3か月分、優秀賞入賞者には1か月分、プレゼントします。(提供:株式会社ネクステージ)
『観劇三昧』http://kan-geki.com/

【発表】
高校生劇評グランプリ公式サイト上で2018年3月下旬に発表

  •  * 受賞作を掲載する際、名前、学校名、学年を表記します。
  •  * 受賞者の所属学校に文書にて受賞の通知を発送します。

【選考委員】(50音順)
阿部順(全国高等学校演劇協議会事務局長)
内田洋一(文化ジャーナリスト)
高野しのぶ(現代演劇ウォッチャー、しのぶの演劇レビュー主宰)
田中綾乃(三重大学准教授、演劇評論家)
森山直人(京都造形芸術大学教授、演劇評論家)
山内佳寿子(ミュージカル誌 副編集長)

【主催】高校生劇評グランプリ実行委員会 (委員長 大笹 吉雄)
【構成団体】 公益社団法人国際演劇協会日本センター
全国高等学校演劇協議会
東京都高等学校演劇研究会
特定非営利活動法人日本学校演劇教育会
公益社団法人日本劇団協議会
【助成】全日本社会貢献団体機構
【後援】公益社団法人日本演劇協会
【特別協力】株式会社ネクステージ

ページTOPへ